東京医科歯科大学では、全国の大学に運用いただくための『医学研究利益相反マネジメントモデル』の構築と普及に取組んでまいりました。当サイトでは、医学研究COI(利益相反)マネジメント体制に必要な知識等を紹介してまいります。

利益相反(COI)とは

利益相反(Conflict of Interest =COI)とは、
外部との経済的な利益関係等によって、公的研究で必要とされる公正かつ適正な判断が損なわれる、又は損なわれるのではないかと第三者から懸念が表明されかねない事態と定義され、COIによる弊害が発生しないように適切な管理が求められています。

大学におけるCOI管理の対象としては、当該指針の示す公的研究活動に限らず、大学組織自体あるいは大学に所属する教職員等が大学の立場で実施する教育、研究、社会貢献等の全ての活動が対象となります。

マネジメントの必要性と目的

COIマネジメントは、
COIによる弊害を未然に防ぎ、教育・研究に対する責務が全うされていることを確認し、公的利益が阻害されることがないように必要な措置を講ずるために実施されるものです。大学・教職員は、COIマネジメントを受けることで、研究活動に対するインテグリティを維持・確保することが可能になります。

COIマネジメントにより教職員個人・大学等の組織のCOIによる弊害を未然に防止することは、リスク管理の一つの方法であり、また、教職員等個人は、マネジメントを受けることにより、安心して産学官連携活動や兼業活動を行い、社会に貢献することが可能となります。

本ホームページでは、

  • 文部科学省 産学官連携リスクマネジメントモデル事業
  • 日本医療研究開発機構(AMED)研究公正高度化モデル開発支援事業事業
    「利益相反(COI)管理に関する理解と知識の充実を目指した教育プログラム(研修教材)の開発と普及(研究開発代表者:飯田香緒里)」
  • 日本医療研究開発機構(AMED)再生医療臨床研究促進基盤整備事業
    「認定再生医療等委員会における審査の質向上に向けた研究(研究開発分担者:飯田香緒里)」
  • 日本医療研究開発機構(AMED)中央治験審査委員会・中央倫理審査委員会基盤整備事業
    「臨床研究法の統一書式及び利益相反様式の見直しについての検討」

において作成したモデル体制、教材、e-learning等についてご紹介します。

このページの先頭へ